四十肩・五十肩

四十肩・五十肩は40代50代に好発する肩の痛みや痛みに伴う関節可動域の減少する症状の総称です。正式には「肩関節周囲炎」と言われ肩関節の周囲に起こる炎症や癒着のことです。

 

突然するどい痛みが発生する「急性期」と、鈍い痛みに変わり、肩の動きが制限される「慢性期」とがあります。

 

肩関節はとても広い範囲を動かせるようになっていますが、それだけ構造は複雑です。肩関節は肩甲骨と上腕骨が接続していて、周囲には多くの筋肉や腱、関節をスムーズに動かすための滑液包などがあります。そのため、炎症が起こりやすい部分といえます。

 

一般的には数ヵ月から半年、長くても1年半ほどで自然に痛みが軽くなり、肩が楽に動かせるようになりますが、肩関節の動く範囲が狭くなって治ることが多いです。

 

五十肩に似た症状で「腱板損傷・石灰沈着性腱板炎」などがあります。

 

当院でも今まで多くの肩関節周囲炎の方を施術させて頂きました。人によって細かくは違いますが大体決まった筋肉や関節の硬さが目立ちます。当院では関節骨格調整で関節と筋肉に深くアプローチしていく事で早期回復を目指します。

症状や状態によって様々ですが軽い症状であれば数回の施術で回復される方もいますし、非常に強い症状の方は長期間を要す事もあります。

 

「腱板損傷・石灰沈着性腱板炎」の場合は特徴的な症状がでますので当院ではその様な症状が疑わしい場合は整形外科などの医療機関の受診をお勧め致しております 。

2017年03月20日