肩こり・腰痛【施術例】

※効果には個人差があります、全ての方への効果を保証するものではありません。

初回の状態

慢性的な肩こりと腰痛。

月一回ほどの頭痛、頭痛が出ると鎮痛薬を服用。

マッサージなどに通っていたが、今回当院のホームページをご覧になり来院。

 

施術内容

初回の施術

問診や触診の結果、頭痛は筋緊張性の頭痛と判断。

下部胸椎、中部胸椎の動きの問題があるため調整し、頸部のモビリゼーションも行う。

腰部は仙腸関節と腰椎の調整を行ったあと股関節や筋肉調整を行う。

次回まで頭痛の様子を見ていただく事にして初回の施術は終了。

 

2、3回目

【自覚症状】

凝りは少し軽減、頭痛は今のところ感じていない。

【触診と施術】

施術前の触診では関節の動きの悪さが再び戻っている状態。

前回同様の問題があったため同様の施術を行う。

 

4回目

【自覚症状】

凝りの自覚は段々と良く、頭痛も感じていない。

【触診と施術】

関節の可動性が改善してきていることを確認。

基本的な流れは変えず調整方法を状態に合わせながら施術を行う。

 

5回目以降

現在、初回の施術から数ヵ月経過。

凝りなどの自覚はほとんど無く、初回施術から頭痛は感じていない。

症状を感じてから長かったので、矯正の効果が安定するのにも時間が必要でしたが、今は施術間隔を広げて来院して頂いております。

 

2017年12月12日