首肩の痛み【施術例】

※効果には個人差があります、全ての方への効果を保証するものではありません。

初回の状態

1年ほど前に寝違えた事がきっかけで頸部の右回旋と後屈に抵抗を感じるようになり、右の上背部と右肩から首の運動痛と右肩に凝りを感じるようになる。

整形外科でのレントゲン検査を受けたが画像上の異常は無く、最近特に症状が強くなったため当院に来院する。

 

施術内容

初回の施術

触診の結果、頸椎7番と胸椎6番の可動減少があったため矯正を行い、手技にて筋肉や骨盤調整などの全体施術も行う。

施術後には回旋と後屈がスムーズに出来るようになり初回の施術は終了。

 

2回目

【自覚症状】

回旋はスムーズになったが後屈の抵抗感と痛みが残る。

【触診と施術】

前回に比べ関節の可動性と筋肉の柔軟性は改善しているので同様の矯正と手技を行う。

施術後の自覚は前回の終了時より良くなり2回目の施術は終了。

 

3回目

【自覚症状】

右の回旋の抵抗がほぼ無くなったが、後屈は日によって調子の波があり悪い日は肩の凝りも感じる。

【触診と施術】

初回からの流れを追った施術と頸椎3番と下部胸椎の調整を行った。

施術後の自覚は前回と同様に良くなり3回目の施術は終了。

 

4回目

【自覚症状】

右の回旋症状は無くなり後屈も大部分が改善された。

【触診と施術】

頸椎から胸椎までの可動性が改善し安定した状態。

胸腰椎部に矯正、頸椎から軽い調整を加え手技にて筋肉の調整も行う。

主症状の首~肩の状態は改善されたが、腰等の慢性痛もあるので継続し施術を行う予定。

 

 


2017年12月10日